誰のためでもなく

<   2016年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

X-Pro2で旭岳

桜の便りがかまびすしい昨今の日本列島。

あと一か月後の桜よりも、20年後に札幌に来るような新幹線よりも

天候が安定した雪山に行くのが正解、と思い、X-Pro2を相棒に北海道最高峰の旭岳に行った。

X-Pro2の24MPがどうなのか?そしてピーカンの雪山でのフジ ベルビアのポテンシャルは?ってことを試したくて。

c0162846_1447375.jpg


c0162846_14501123.jpg


c0162846_14504568.jpg


c0162846_1451993.jpg


c0162846_14513293.jpg


c0162846_1452952.jpg


c0162846_1453420.jpg


X-Pro2は果たしてフィールドカメラたりうるのか?
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-27 15:50 | X-Pro2

snow peak

c0162846_15224026.jpg


c0162846_15231520.jpg


c0162846_15233155.jpg


c0162846_15235159.jpg


c0162846_15241019.jpg


c0162846_15244739.jpg


c0162846_15343857.jpg


c0162846_15364179.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-27 15:25 | X-Pro2

X-Pro2&ACROSで雪山を描く

c0162846_1521958.jpg


c0162846_152368.jpg


c0162846_1525254.jpg


X-Pro2に興味がある人の多くが新しいフイルムシミュレーション「アクロス」がどれくらいのもんなんだ?と思っているのではないか?

あまり能書きは言えないけれど、上記のような高コントラストで白が飛びきってしまわず、空の諧調までしっかり描写しているところがまさにACROSの名を冠するモードだと実感するのである。

シャッター回数を稼ぎたいときにはフイルムシミュレーションブラケットでACROSを加えた撮影をする。ブラケットはとても便利だ。
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-27 15:06 | X-Pro2

START

c0162846_21132863.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-24 21:13 | X-Pro2

X-T1とX-Pro2の使い分け その2

c0162846_20541312.jpg


さて、Pro2とT1の使い分け、その2は「ユーザーインターフェース」(以下UI)

T1は軍幹部がわりと自由に使えるためISOダイヤル、シャッター速度ダイヤルなどが独立しているのがウリだったけど、Pro2はなんと

ISOダイヤルとシャッター速度ダイヤルが同軸で一つのダイヤルに同居

という、フイルム時代に写真をやっていた人間には感涙モノのUIを実現してくれた。フジの上野さんのマップカメラでのインタビューでもこれは苦労したといってたけどよくぞやってくれました!と賛辞を惜しみません。

でもまあ、個人的にはISOはほとんどAのまんまなんですけどね、、、。

露出補正ダイヤルが右手親指にしっかりかかる作りは本当にうれしい。これはどのフジのカメラでも共通なのでうれしい。

でもそんなことよりT1とPro2の使い分けで致命的なことがあるのね。

それは

フォーカスエリア選択のためのジョイスティックの有無


だ。

そのココロは???
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-24 21:07 | FUJI X-T1

X-T1とX-Pro2の使い分け その1

c0162846_20331197.jpg

X-Pro2導入でX-T1を手放す気はまったくなかった。

明確に別のカメラだから。

で、この2台の使い分けポイントを自分なりに整理したい。

その1)ファインダーの違いを使い分けろ!

T1のファインダーをのぞいた人ならわかると思う。
カメラ本体の小ささに対してやたら大きく見やすい、というのが最初の印象ではなかろうか?

無論EVFアレルギーの人は「そんなことねえやい!」と一蹴されそうだが、それでも誤解を恐れずに言えばT1のファインダーの見やすさは

「電子版 ニコンF3」

と言い切ってしまおう。

メガネをしている自分でもファインダーの隅までくっきりみられる。そしてやはりふかぶか、ひろびろ、という形容がぴったりのEVFなんだな~

これはひとえにEVFオンリーと割り切れたからこその福音だと思う。

対するPro2

これはご存じのとおりOVFとEVFのハイブリッド。ゆえに犠牲にしているものも多い。その一つがファインダー倍率UPができないってことね。
Pro2はTFT液晶、T1は有機EL。

その違いは見てみるとわかる。T1は長く見ているとちょっと疲れるけどPro2のファインダーは目に優しい気がする。

でもってそのファインダーの違いが使用するレンズを分けるのが楽しい。

個人的には
T1はトガッた単焦点(16mmf1.4とか56mmf1.2)とズーム
Pro2は18mm~35mmくらいまでの単焦点。でも18-55mmは相性いい。

としたい。

最初はPro2に56mmをつけたたたずまいがかっちょよすぎて萌え~だったのだがいざ装着してファインダーをのぞくとなんか違う。EVFにしても萌えない。

でT1につけると俄然「一眼レフ」している感じがビンビン。
同じことは16mmでも言えた。

だからまあ、この2本はT1で積極的に使おうと思う。

T1と50-140mmの相性の良さは語るまでもないが、Pro2でこのレンズを使ったのはひとえに24MPの高画素とのコラボを期待したゆえ。

で、Pro2。
Pro1と一緒に買った35mmf1.4まで売っちゃったのでもう一度買うハメになっちゃったけどいやぁ~やっぱりこの35mmとPro2は最高の組み合わせだね。しっくりくる。

Pro1の時は35mm一本しか持たないなんてしかめっ面してたけどほかに数本フジノンレンズを持つとまた違ってくるよね。

考えてみればPro1と同時にリリースされた単焦点レンズって
18mm
35mm
60mmマクロ
の3本だったけど、これってPro2とかのデジタルハイブリッドレンジファインダーには究極のセットだと思うんだよね。

それ以上の焦点距離とかズームはほかのカメラを使えばいい。

迫撃戦の撮影にはPro2を使い、飛び道具はT1という棲み分けは無論、富士フイルムの確信犯だと思っているんだよね。

次はユーザーインターフェースについて論じてみたい。
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-24 20:53 | FUJI X-T1

横顔

c0162846_1712826.jpg


 第二障害を越える前、息を入れるインフィニティー

インフィニティー、ありがとう!
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-21 17:12 | X-Pro2

X-Pro2をどう見る?

c0162846_16433142.jpg


実戦に投入したX-Pro2であるが、どうも予想以上に使えるという結論に達した。

動きモノもまあまあAFがついてくる印象。

画素数が増えて画づくりもより説得力がある(といっても一言では言えないが)ようになった。

そしてユーザーインターフェースも格段によくなっている。

なによりシステムがコンパクトで軽量というのが最大の魅力。

う~ん、、、Nikonのカメラ、まったく使っていない自分がいる、、、
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-21 16:47 | X-Pro2

フジユーザーなら必ずほしくなる?50-140mm


c0162846_16384550.jpg


c0162846_1639222.jpg


う~ん

レンジファインダー然としているX-Pro2でさえ、フジノンXF50-140mmf2.8は快適に使えた。

EVFの遅延もどんどん小さくなっている。

なにより軽量で、画がいい。

そろそろがっしゃんがっしゃんミラーが上下動するカメラをどうするか?真剣に考える時が来たようだ。
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-21 16:41 | フジノンXF50-140mm

ACROSどぉでしょう?

c0162846_16325721.jpg


X-Pro2でACROS
[PR]
by hohoho-bw | 2016-03-21 16:34 | X-Pro2