誰のためでもなく

<   2013年 10月 ( 62 )   > この月の画像一覧

c0162846_2249358.jpg
c0162846_22492232.jpg

c0162846_22495944.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-31 22:50 | D600

ばん馬

c0162846_22273264.jpg
c0162846_2227586.jpg
c0162846_22281470.jpg

c0162846_22294147.jpg
c0162846_2229565.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-31 22:30 | D7100

F3似のデジタル一眼レフXデー 11月5日か?!!

この動画!!!!



明らかに前の動画より全体像が見渡せるようになっている。

やはりF3似のようだ(ハイアイポイントじゃないのが残念だ)

さらに50mmf1.8のAF-Sレンズという刻印が見えるが、鏡胴にはシルバーの環が見える。
これ、ニッコールのMFに共通しているデザイン。

やはりF3D用の専用設計レンズなのか?

そして動画の最後に2013.11.5という日にちが。

ということは、その日に全体像が明らかになるのか?

3連休開けたらすごいことになりそうだ!!
[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-30 19:39

nikonのメカニカル一眼レフ風デジタルカメラ

まずは下の動画を見てほしい。



いわゆる「ティーザー」広告だよね。

これが三段目だけど、だんだんカメラの姿が見えてきている。

この動画、まず男がたき火を前にしてレンズにブロワーを吹き付けている。

レンズは古臭いAFの、50mmかな?35mmかもしれない。

そしてやおらボディにそのレンズをはめ、シャッターを切る。

その一瞬見えるペンタ部分は、FM2っぽいな。

ただ、値段が3000ドルとかいううわさまで、、、

モデル名は「DF」とか。それってやっぱニコンFリスペクトってことなのか?

画素=1680万(D4と一緒)。フルサイズってのは、このモデルの存在理由を示しているように思う。

マニュアル一眼レフ風ということはボディの薄さ、小ささ、コンパクトさを追求しなくてはならない。ゆえに動画はなし、というジャッジなんだろうが、もう一つ、センサーをAPS-Cにすれば勢いボディは小さくできるのにもかかわらずフルサイズにしたという意味は重い。

だからこその、上の動画で男がブロワーを吹きかけているレンズは時代遅れの、MFがやりやすいAFDレンズなんだろう。その向こうにあるのは「まだディスコンになっていないMFレンズもどうぞ」とニコンが言っているように思える。

無論、バッテリーも小さいんだろう。D5300と共用できるものだったりして。

発売が楽しみである。
[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-29 22:18

part

c0162846_21321596.jpg
c0162846_21323178.jpg
c0162846_21324786.jpg
c0162846_21325643.jpg
c0162846_21331531.jpg

c0162846_21343447.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-29 21:33 | D7100

厩舎の光景

c0162846_21274625.jpg
c0162846_21281085.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-29 21:29 | D7100

D600のハッピーさ

 D600+24-70mmf2.8でばん馬の朝調教接近戦を対応した。

 結論から言えば、すこぶるハッピーだった。

 やはり軽いからだ。この軽さでフルサイズ。

 最初、D600を触ったときには「なんじゃこりゃ」とその軽快さ=安っぽさ、と断じたのであるが1年後に触ってみるとまったく違う印象を持った。

 D700の頑健さ、重量感に慣れていた自分。しかしそれゆえ持ち出す機会が激減し、D7000がメインカメラとして君臨していた自分のカメラシステムが再構築された気がしている。

 D7100とD600、重さでいえば若干、D600のほうが重いんだろうけれど、もった感じの軽快さであいえば、D600が圧倒的だ。

 これはおそらく、ボディの体積に対する質量の割合がD600のほうが少ないせいだと思う。

 D7100とD600の併存使用で一番違いを感じるのはやはりファインダーを覗いた時だろうか。何と言ってもD600の光学ファインダーの広さを見ると、おおげさでなく、写真をとることの歓びを感じる。


c0162846_22293344.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-28 22:29 | D600

高画素機を導入するにあたって重要なこと

 好むと好まざるとに関係なく、デジタル一眼レフは高画素への道を進んでいる。

 D7000が1680万画素。D7100が2400万画素になり、一番のストレスは、やはり下馬評通り連射における息切れだ。

 D7100ではRAWで連射すると体感的には4コマで終了ってカンジだ。実際はもっといってるのかもしれないけれど。ちなみにこれはトランセンドのclass10の16GBのSDカードで。

 対して、サンディスクノ95MB/Sの32GBカードはストレスを感じないで連射をすることができた。

 高画素機になるとSDカードの容量ばかりではなく、書き込み処理速度も意識したほうが良い。無論、PCに落とす時も速度は明らかに違う。

 ちなみにサンディスクはこのスペックで7000円オーバー。やはり高い。しかし高画素機で連射をしたい向きには必要な出費であるといえるだろう。

c0162846_22173482.jpg
c0162846_221743100.jpg
c0162846_22175836.jpg
c0162846_22181188.jpg
c0162846_22182310.jpg
c0162846_22184037.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-28 22:19 | D7100

テレコンの画質

c0162846_21461539.jpg

 

 ニコンD7100を買った。

 D7000でも不満はなかったが、やはり新しいものをほしかったのと、1.3倍クロップが魅力的だったから。

 70-200mmf2.8を更なる望遠レンズとして使用するのにD7100だと

 DXなので1.5倍×1.3倍だからで、200mmが400mmになる。絞り開放値は2.8だ。

 2倍テレコンをつければ600mmf5,6のレンズになる。1.3クロップを使えばさらに800mmだ。

 ということでばん馬の朝調教にシェイクダウンしてみた。

 上の写真はクロップしないで2倍テレコン。フルサイズ換算600mm。

 やはり背景ボケはちょっと難ありだけど、まあ、600mmf5.6手持ちならあり。

 D7100は、これとは別に使ってみて言いたいことがあるけれど、まあそれは後日。
[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-28 21:52 | D7100

朝調教~ばんえい競馬

c0162846_9104644.jpg
c0162846_911642.jpg
c0162846_9113813.jpg
c0162846_9115168.jpg

c0162846_9124438.jpg
c0162846_914057.jpg
c0162846_9141655.jpg


More
[PR]
by hohoho-bw | 2013-10-28 09:16 | D7100