誰のためでもなく

<   2013年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ニッコール 10.5mmf2.8 魚眼 シリーズ 3

 さてお次は、美馬牛駅。

しゃれたリースがお出迎え
c0162846_22493813.jpg



c0162846_22523429.jpg


c0162846_22525857.jpg


c0162846_22531160.jpg


c0162846_22542017.jpg


c0162846_22534542.jpg


なんと、石油ストーブがあかあかと燃えている!
[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-30 22:55

ニッコール 10.5mmf2.8 魚眼 シリーズ 2

 さて続いては、美瑛・白金温泉

c0162846_22442462.jpg

ここはしらひげの滝。

温泉の硫黄分が滝壺を青く染める。

次は、雪が深々と降る白金温泉街

c0162846_22455788.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-30 22:47

ニッコール 10.5mmf2.8 魚眼 シリーズ 1

 そ~いえば、全然使っていなかったニッコール フィッシュアイ10.5mmと自分の距離を縮めよう、と1泊2日の旅行に、このレンズ一本勝負で臨んだ。

まずは、旭山動物園シリーズ
c0162846_2233668.jpg


冬の風物詩、ペンギンの散歩

次は、アザラシ
c0162846_2217578.jpg


つづいて、空飛ぶペンギン

c0162846_22173229.jpg

(つづく)
[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-30 22:17

フジ X-E1 まだ使ってない

c0162846_21441075.jpg

 使いたいね~。

 X-E1を持って春の函館に行きたい。

 それにしてもこのズーム、前玉キレイだね。
[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-29 21:47

X-E1 ファーストインプレッション

c0162846_2137453.jpg

 さて、充電を終えたバッテリーをボディに入れ、いろいろいじってみて自分なりに感じた点を述べたい。

1)フォーカスに関して
 事前にはいろいろ聞いていたが、やはりAFは遅い。
ただ、当たり前のことだがシャッター半押しでオートフォーカスが作動する。てっきりそれすらもできないと思っていたから。

 で、問題のフォーカスエリア選択に関してだが、下の写真、左下を見てほしい。
c0162846_21401959.jpg

 確かにこの位置なら、ファインダーをのぞきながらの撮影しながらフォーカスエリアを移動する際、ストレスだろう。

 しかし、背面液晶を見ながらであれば、まあ及第点だともいえる。

 フォーカスエリアの移動を積極的に使うのは、たとえば
・テーブルの上にあるグラスをピントを合わせ
・そのグラスを画面端にフレーミング
・背景、もしくは前景をぼかす

 などだろうか?であれば背面液晶でフレーミングすればこの問題はクリアできそうな気がする。

 しかし、使いづらいフォーカスエリア選択ボタンを使うより、私見であるが、AF-Lを使えばいいのではなかろうか?

 基本、ファインダー真ん中にフォーカスエリアがあるので、
a)ピントを合わせたい部分にこれを合わせ
b)シャッター半押し
c)AF-Lボタン(下写真参照)を押し、画面のしかるべき位置に移動させフレーミング確定
c0162846_21472170.jpg


2)液晶ファインダーか?背面液晶を使うか?
 最初見たときには、「これは使える」と興奮したEVF。じっくり使ってみると正直、光学ファインダーより劣る。ピントの山はやはり、光学よりもつかみづらいのだ。

 しかし、いままでのEVFを搭載したカメラに比べると格段にピントの合従がやりやすいんだが。

 それよりもちょっと戸惑ったのが、EVFと背面液晶の切り替え。

 このカメラ、
 ア)EVFのみ稼働
 イ)背面液晶のみ稼働
 ウ)アイセンサーにより、接眼部に目を近づけるとEVFに。それ以外は背面液晶
 の3パターンがある。

 さらに、メニュー選択の画面表示もこれにならうので、たとえばア)の時にフィルムシミュレーションやISO設定などを行いたい場合、EVFをのぞきこまなくてはいけない。

 個人的には、撮影時はEVFを使い、メニュー設定などの場合は背面液晶という使い分けをしたいので、そうなるとウ)を選択することになるだろうと思う。

 ただ、降雪・降雨時にアイセンサーが作動してしまう恐れがあるのでそこが心配。まあ、まだそんなシチュエーションではないのだが。

 ちなみにファインダーの見え方は
c0162846_21561953.jpg

c0162846_21563460.jpg

c0162846_21565561.jpg

※これは背面液晶を写しているが、EVFも同じと思ってほしい。

 自分は2番目を常用しようと思っている。
 水平のインジケーターやヒストグラムがウザいと思うかもしれないが、EVF上で見るとそうでもない。
ってゆ~か、水平インジケーターが動くさまを見るとなんか未来のカメラって感じがして楽しいから。

3)縦位置がやりづらい
 縦位置でズームリングを回すとき、そのトルクがねっちりして重く、ボディが軽いのでカメラが動く。

 このカメラの美点である軽さが仇になった格好だ。

 きっとレンズであるズームレンズのトルク感は、安っぽくない重さが好印象だがね。

 単焦点でAFならこの部分も心配ないか。

 とまあ、ざっとこんな感じだが、実際、街に連れ出してさらにいろいろ気付いたことは後日、、、。
[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-28 22:04

やはり、、買ってしまった。フジ X-E1

 買い物できる財政状況じゃないのはわかっていたのだが、日に日に頭の中にX-E1が占める割合が大きくなってきたので、

 買っちゃいました!

c0162846_16453263.jpg


開封の儀の動画はこちら、、、
[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-28 16:47

しつこくX-E1 ほら、マニュアルフォーカスしてる!!!

 さて、フジX-E1がほしくて書いている最近のブログ。

 フジフイルムのHP、というかX-E1のHPを何度もチェックしているのだが、まさに「現場百回」

 あるシーンを見つけ、まさに「わが意を得たり」と、得意になった。

 X-E1サイトの「写真家が語るX-E1」の、高橋俊充さんという方がX-E1でスナップをしている映像を見ると、彼は左手人差し指と親指で、しきりとレンズ(18-55mmのズームね)の先端部分のリングを回していることに気付く。

 これ、X-E1を触ったことのない人ならわからないだろうけれど、ズームレンズの一番先端のリングは、マニュアルフォーカスのピントを合わせる機能を担っているのだ。

 つまり高橋氏は、X-E1のスナップにおいて、最初からマニュアルフォーカスをしようしている!

 う~ん、やはり。

 X-E1をマニュアルフォーカスのカメラと割り切れば、ボディ背面のAFエリア移動のための押しづらいスイッチのことも忘れられるよね。

 ちなみに高橋氏のサイトには、X-E1で撮影したモロッコの写真がたくさん。

 やはりこのカメラの画像はいい。

 ほしい~。


[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-25 22:42

さらにチェック!フジX-E1

 さて、フジのミラーレスカメラ X-E1のチェックを今日も行う。

 ネットで調べるとざっとこんな意見

・画質はサイコー!Jpegでも素晴らしい。
・オートフォーカスは抜けるとキツい。もしくはオートフォーカス自体がプア。
・ISO感度自動のロジックがちょっと難あり(シャッター速度のチョイスなど)
・オートフォーカスのエリア選択、ボディ背面左下はありえない。
・連続撮影がダメ(バッファフルになるのが早すぎ)

 とこんな感じ。

 じゃあ、自分がX-E1に求めるものは何だろう?と自問する。

 答えとしては
・(フィルム)M型ライカでのスナップ

 である。

 M型ライカは、手ブレ補正やISO感度オートもなければ、単焦点レンズをマニュアルフォーカスで、一枚ごとに撮影するもの、とは私見であるが、まあ外れてもいないと思う。

 3DトラッキングやISOオートや連射や超望遠が必要なときはニコンの一眼レフを躊躇なく使う。

 X-E1はじゃあ、プアマンズライカか?と聞かれたら、それはNOだ。

 最新のデジタルM型ライカをみると日本のメーカーがマネできないと断念するほどの光学レンジファインダーを捨ててEVFへ舵を切ろうとしているように思える。

 となれば、次の次のデジタルMライカはもしかしたらフジのハイブリッドビューファインダーをしれ、っと搭載するかもしれない。

 X-E1のEVFを覗いてまずは興奮したのだが、後になって冷静に考えるとその興奮は、いままで光学ファインダー以外認めなかった自分が、「このEVFなら大丈夫」と思えたことが原因だと気付いた。

 21世紀も10年を過ぎたが、カメラのファインダーが液晶にとって代わるのに、そう時間はかからないかもしれない。

 というわけで、ほしいぞ、X-E1!

c0162846_20223346.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-24 20:22

確信に変わった!フジX-E1はいいカメラだ。

 今日は、JRの切符を取りに行く用事があったので、ヨドバシカメラへ。

 一度触って気になっていたフジX-E1を再度触りに。

 ネットで評判をチェックすると気になる点はやはり

・オートフォーカスのポイントを選ぶ際はボディ背面左下のボタンを押しながらボディ背面右側の十字キーを押す必要があるとのこと。

 これって致命傷ジャン。と思ったけど、以前触った際のフィーリングの良さが忘れられずに、、、、。


 で、触ってみると、、、、

 確かに、フォーカスエリアを動かす際にはそのとおりしないとだめ。しかもオートフォーカスを効かせるボタンはシャッター半押しじゃ駄目で、、あくまでボディ背面右上を押さないといけない、と。

 しかし、私はあえて、大胆な発言をさせていただきます。

 ズームレンズ左側のボディ近くにあるフォーカス切り替えスイッチを、MFにすればいいじゃないか!

 つまり、このカメラを使うのにはマニュアルフォーカスを常とすればいいじゃないか 

とね。
 
 なにもやけくそでこんな発言をしているのではないのです。実際、今日触ってみて、マニュアルフォーカスでピントを合従させるのに十分なEVFの見易さというのが、その発言の裏づけであり、このカメラの美点なのです。

 いままではEVFなんてピーカンのときに背面液晶が使えないときの緊急措置しかないと思っていたけれど、このカメラのEVFは画素数も現段階では最高のレベルにあるのでしょう。

 さらにX-E1の発売とともにデビューしたズームレンズ、これがまたいい。

 マニュアルフォーカスでピントリングをまわすんだけど、トルク感がねっとりいい感じ。

 さらにさらに、このカメラの最大の美点は、シャッターフィーリング、これに尽きる!!!

 ストロークの深さ、シャッターショック、ライカに限りなく近い!

 X100のシャッターストロークはげんなりしたけれど、X-E1になって、Xシリーズの煮詰めが最高に高まっていると思った。

 総じて、このカメラ、かなり欲しい!!!

 しかもズームレンズとセットで!

c0162846_2146838.jpg

 
[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-23 21:12

c0162846_22212872.jpg

 
 カメラと自分にある「縁」

 昔は、ちょっといいな、と思ったら後先考えずにカードを切って手に入れていたけれどだいたいそういうカメラは1年も経たないでドナドナ。

 最近は熟慮を重ねて、本当に必要なものかを吟味して買うようになったと思う。

 大好きなカメラであるGRDをいまだに初代を大事に使用しており、それ以降のモデルは買いそびれている。

 DP merillはいいな、と思うのだが購入には到らない。たぶんみんながいい、といいすぎているからだろうか?

 それにしても一番不思議なのは、フジのX100だ。

 最初にリリースを知ったときは、何をおいても買おうと思ったものだが手にとって、ネットの評判を吟味して、それでも欲しいと思ったにもかかわらず購入に到っていない。

 そうこうしているうちにX100sってのが出た。

 ブラックエディションも。

 かっこいいけど、買わないと思う。

 付き合う寸前までいったけれど、ふとしたことでタイミングをはずされ熱が冷めた女性みたいな感じかな?

 一方、カメラ趣味を再開させて8年目。いつも頭の片隅から離れなかった機材、ついに買う寸前まで機が熟している。

 まったく、縁って、無機質な機材にもあるんだね。

 
[PR]
by hohoho-bw | 2013-01-22 22:29