誰のためでもなく

<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

やさしい場所

c0162846_2327598.jpg


 ここは美瑛近辺の、とある場所。

 美瑛にはありがちな丘陵だけど、ここには観光客の歓声がない。

 とても静かな場所だ。

 すぐ近くには墓地。

 おそらく、この地を開拓した先人の方々が安らかに眠っているのだろう。

 自分たちが開いた土地を眺めながら眠る場所。

 ときどき訪れて、車のエンジンを切り、ただ景色を眺める。

 時折風の声がかすかに聞こえるだけだ。

c0162846_2332591.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-31 23:32

出るか?ニッコール100-400mmf4-5.6

ニコン党の間では70-200mmf4のリリースで気もそぞろだろうが、個人的には「あのレンズのリニューアルもそろそろでは?」と期待しているので正直冷静にいられる。

そしてもうそろそろではないだろうか?

80-400mmのリニューアル。

おそらく100-400mmになるんだろうけど。

で、AF-S。ナノクリ。

価格はおそらく23万円(実売)。

f4通しのズームラインナップってのはキャノンを見てのことなんだろう。

いわゆる「ニッパチ通し」レンズならキャノンよりニコンのほうがいいラインナップがある。

問題は、f4程度のより低廉な価格のレンズの充実度。これはキャノンのほうが上だと思う。

24-105mmはいいなぁ~と思うし、70-200mmf4の鏡胴のスリムさはうらやましい。

そういう意味では、キャノンへの、このセグメント包囲網は着々と進んできている。

だとすれば、80-400mmも、デジタル一眼レフ対応の新レンズが、満を持して出てくるのではないか?という希望的観測をしてしまう。

個人的に70-200mmf2.8購入を見送り続けているのも、100-400mmが出ることを期待しているから。

しかも5段分の手振れ補正を積んでくれたら、、、

11月後半に出ないかな~

買えないけど。

c0162846_2210383.jpg


写真は、ニコン1にマウントアダプターを介して70-300mmで撮影。

ちゃんとVR効くのがうれしい。
[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-31 20:57

とりなれた場所

c0162846_22533182.jpg

 ここで何回、シャッターを切ったことだろう。
[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-30 22:54

護送船団とか昭和

 一冊の本を買った。

 「北海道の大地から消えた鉄道風景」 エムジーコーポレーション社。

 エムジーコーポレーションって、20年位前は札幌で中古車情報誌を出していたような記憶が、、、、

 定かではないので間違っていたらすまん。

 さて、この本を読んで(見て)

 北海道にはこんなに線路が通っていたのか?と、軽いめまいすら覚える。

 ただ、消えた線路のほとんどが1987年前後に廃止になっている。

 国鉄からJRへ。

 それに伴い不採算路線を外科手術で切除した。

 国鉄がそのままだったら、財政赤字は今の比ではなかったろう。そういう意味では瀬島龍三みたいな男がいたころは良かったとおもう。

 赤字路線の借金を国が肩代わり。

 さて、いま消費税を地方税に、という第三極勢力が跋扈し始めている。

 これって良いことのように見えるが、一方、地方交付税を廃止することと表裏なことを忘れてはいけない。

 このことの本質は「いままで東京のサラリーマンが稼いでいた富を、過疎が進む地方に分配してあげていたけれどいよいよそれも限界なので、地方に分散している住民を一箇所にまとめ効率的な行政サービスをするしかないよ」と脅されていると考えて間違いない。

 地方の時代、なんて大嘘だぞ。

 でもしょうがないのかな?

c0162846_2114568.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-29 21:02

価格って何よ

c0162846_21522625.jpg

 ニコンから70-200mmf4が新発売になる。

 実売価格15万円前後。

 じゃあ、70-200mmf2.8の実売価格が20万ちょいだからニッパチのほうがいいな、と考えてマップカメラのHPを見ると

 70-200mmf2.8が24万円弱になってる!!!

 ニコン、ファックなことしやがって!!!!

 メーカーが販売店に圧力をかけて、70-200mmf4の15万円という値段に説得力を持たせようとしているのが明白。

 ダイエーと松下電器の喧嘩を思い出す。
[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-28 21:55

ハッセルからニコン1へ

c0162846_2124879.jpg

 久しぶりに美瑛に行って写真を撮った。

 正直、風景写真を真剣に撮ることはもうないだろう。

 2008~9年は、旭川に住んでいたこともあり、また、風景写真に熱中していたので美瑛にはちょくちょく出かけた。

 そのときはもっぱらハッセルブラッド503CWにゾナー250mm、ベルビアという組み合わせだった。無論三脚使用。

 上の写真はニコン1V1+30-110mm手持ち。

 写真の結果はあまり変わりない、、、

 写真っていろいろな楽しみがある。

 無論、いい写真を撮りたいというのが基本だけど、そのために道具である機材にこだわったりするのも楽しみの一つだろう。

 自分は今、機材に金をかけるより、普及機でいいからその分、いろんなところにいって写真を撮りたい。

 「そこに出かけていく自分」のきっかけのためにだけ、写真が存在しているといったほうが、今の心境にはぴったりくる。
[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-28 21:30

インディアン サマー その2

c0162846_1775064.jpg


More
[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-28 17:09

インディアン サマー

c0162846_9552076.jpg

 こういう日差しも、今年最後かな。

 

さらにつづき
[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-28 09:59

山が見える町

c0162846_7423290.jpg

 旭川もそうだが、東川町は毎日、大雪山連邦を眺めて生活できる。

 これはすばらしい贅沢だ。
[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-28 07:44

東川町~ファーマーズカフェ 風土さん

 好天に恵まれた2012年10月27日土曜日の北海道。

 目指すは旭川の隣、東川町。

 「写真の町」宣言をし、夏には写真甲子園の舞台となるこの町は、北海道内でも有数の米どころであり、行政の積極的な取り組みにより、転出者より転入者が上回る町だという。

 ここに来るなら、ぜひきてみたいお店があった。

 ファーマーズカフェ「風土」さん。

 ここのオムライスは絶品という話を3年前の、冬の旭岳スノーシューツアーのガイドさんが言っていたのを思い出したのだ。

 ネットでチェックすると人気店なので、のんきに昼間に行くと門前払いを食らわされる恐れもありと考え、開店と同時に入店。

c0162846_22172931.jpg

c0162846_22174247.jpg

c0162846_2218947.jpg


 自分は開店の時間ちょうどにお店にインしたけど、その前から駐車場で待っていた女性もいた。

 無論、注文はオムライス。

 店内のカウンター席からは東川ののどかな風景が広がり、見ていて飽きない。
 薪ストーブが活躍し、部屋の中は暑いくらいだ。

自分が入店してからもお客さんが続々きていたが、驚きは予約しているお客さんで昼は満席らしいとのこと。

 そうこうしているうちにオムライス登場

c0162846_2222870.jpg

 ここは卵が自慢で、その卵をふわふわにしたオムレツにデミソース、さらにチキンライス(?)の味もしっかりしていて、うわさどおりの美味でありましたが、惜しむらくは食べている間に席が満席になり、あわただしく店を後にせざるを得なかったこと。

 でもうまかったです。
 今度はカレーを食べたいが、ほかのお客がカレーを頼もうとすると「辛いけどいいですか」みたいな確認をしていたのが気になる。
 
 ここのカレー食べたいな。

c0162846_2226538.jpg
c0162846_22263170.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2012-10-27 22:26