誰のためでもなく

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

貨物

c0162846_2230376.jpg


能書きなどはこちら
[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-30 22:32

寝台特急3連発!!!

c0162846_12344627.jpg
c0162846_12351352.jpg
c0162846_12355476.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-30 12:36

RED BEAR

c0162846_2218378.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-23 22:18

カシオペア

c0162846_064147.jpg


これ撮ってて思ったこと
[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-23 00:06

スーパー北斗

c0162846_23473538.jpg

 すっかり撮り鉄、、、
[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-22 23:48

撮り鉄

久しぶりに春を感じる北海道。

遠出して特急「カシオペア」を撮りに、、、

遠くに海を入れたくてこの場所で撮影。
c0162846_23585522.jpg
c0162846_2359763.jpg


おまけ
[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-22 00:00

視神経の延長

 今まであまたのカメラを買っては売ってきた。

 ざっといえるだけで

 ライカM3,M2,M4、M6、M4-2
 ペンタックス67
 ニコンF2、F3(F3は2度買った。)、FM2、F6
 ローライ(クセノタール)
 ハッセル503CW
 ニコンD80、D300、D700、D7000、1V1
 GRD
 DP2s
 フジ クラッセ 

 レンズにいたってはめんどくさいから書かない。

 今、手元に残っているのは
・ハッセル
・D700,D7000
・ニコンF3。1V1
・GRD
・DP2
・クラッセ

 だ。
 恐るべきことにライカは一台も残ってない。

 最近、大伸ばししたプリントをガクソウして部屋に飾った。

 一枚はハッセル、もう一枚はD7000で撮影したもの。

 大伸ばししてプリントしている写真は結構あるが、額に入れて飾っているのは実はペンタックス67にタクマー105mmで撮影したモノクロが多い。

 通称バケペンと呼ばれるこのカメラを使っていた期間は2年もない。
おまけに時々シャッターを切るとミラーが戻らなくなる代物だった。

自分には珍しく、67のレンズは105mm以外買わなかった。心のどこかで長く付き合えないカメラだと思っていたせいだろう。

 しかし、気に入っている写真を撮った率でいうと、バケペンは上位だ。

 じゃあ、今までのカメラ遍歴の中で一番、シャッターを切ったカメラは?となると、D700をのぞいて(これは動物を撮るために連射しまくったので)ハッセルなのである。

 前田真三さん曰く「ハッセルを使いこなせるようになるには1000本撮らないといけない」らしいが

 自分は600本は撮っていると自信を持っていえる。

 最盛期でボディは500c、SWC、EL(白)、レンズは250mm、100mm、40mmを使っていたが、風景では250mmレンズを80%以上の割合で使用していた。

 悪魔の「ボディとレンズが嚙んだ」状態も経験し、5万円強の修理代もかかった。

 しかし、自分ではかなり使い込んだカメラとして記憶に残っているし、ダンボール3箱に押し込められたネガ、ポジがその証拠として部屋の一角を占拠している。

 しかし今は、ひっそり部屋の棚に鎮座しているのが実情。レンズもプラナー80mmしかない。

 カメラマガジン最新号No16?も買ってしまった、、、、反省。

 ハービー山口氏の、ジョニー・ロットンを撮影したコンタクトシートに惹かれて買ったのだ。

 ハービー氏といえばなく子も黙るライカ使いとして有名だが、ジョー・ストラマーに地下鉄で声をかけて撮った写真もジョニーのPIL結成記者会見も、ニコンを使っているんだよ!

 彼のロンドン時代の写真はニコンで撮影されているものが好きだ。ベルリンの壁崩壊の写真はフラッグシップのニコンF4を使っている。24mmの使い方がうまい。正直、今の甘ったるい若者にこびたポートレートは嫌いである。

 しかし、ハービー氏の視神経の延長はライカ、ということなんだろう。

 自分の、視神経の延長と呼べるカメラは何だろう?

 D700?でも、視神経の延長というカメラを挙げるとすればフィルムカメラにしたくなるのはわれながらどういったわけだろう?

 答えは出ないが、写真が残っていることは幸せである。カメラを買っては売ってネガやプリントが何もないということではないから。

 
c0162846_22381891.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-08 22:38

尾仲浩二と江口洋介

 安易にフィルムを消費しよう、と無責任にあおるカメラ雑誌からは距離を置くようにしているが、「CL」最新版を購入。

 尾仲浩二氏の作品が載っている。

 尾仲氏はF3に35mm、カラーネガで写真を撮る人というイメージだが今回もそのとおり。場所はおフランス。

 これかなりよかった。

 35mm一本でこんなに撮れるんだ、と感心。

 一方、某テレビ番組で江口洋介がイタリアを旅していると、彼の手にはこれまたF3。

 レンズは短焦点。よく見ると35mmf2のAFをマニュアルフォーカスで使っている。もう一本はMFのニッコール50mmf1.4。

 レンズ交換時、35mmを落としていた。割れていたのか?

 江口氏も多分カラーネガ使用。写真の腕のほうは、、、、、

 でも、ライカじゃなくF3ってのが江口氏のイメージに合っている気がした。

 旅行のときに、MFの機械式カメラと短焦点レンズで気軽に歩きながらスナップってのが本来はいいんだよな、と思える番組。

 自分が海外に行くとなると、欲張りになってこんな軽快な機材ではすまないと思うし、カッコより実利、ということでデジカメで臨むと思うけど。
c0162846_22403625.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2012-04-07 22:40