誰のためでもなく

<   2009年 01月 ( 84 )   > この月の画像一覧

Kind of blue

c0162846_2283078.jpg

 「森の生活」を記したヘンリー・デビッド・ソローはその著作の冒頭で

「多くの人が、本当は魚を求めているわけはないのに釣りに出かける」という趣旨のことを書いてます。

 ほんとか?

 まあとにかく。

 最近、「いい写真を撮るためには」との問いに対する自分の答えは
『とにかくロケハン。そして四季のなかで一番美しい時期を把握する』ことに尽きると思います。

 正直、その景色が一番美しい時期、しかも早起きして朝とか夕方のドラマティックな光線状態で撮影したら、誰でも傑作が撮れるくらいだと思ってます。

 むろん、シャッターを押す時の『気』が一番大事ですが。

 最近思うのは、身近な自然を撮る、という行為はとりもなおさず、自分が住んでいる近所の、一番いい時に敏感になれ、なによりその時期、その場所に自分が出かけることにつながる大事さです。

 自分がその景色の、一番きれいな時間を知っていて、そのきれいさを誰かに伝えたいと思ってシャッターを切る。

 これがいい写真を撮ることの最大要因である気がするのです。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-31 22:13

男の部屋

c0162846_1795730.jpg
c0162846_17114888.jpg

全紙モノクロプリントができあがっているとの電話があり、早速取りに行った。

店員さんに見せてもらって驚いた。

まず全紙、というサイズも驚嘆するが、そんなでかいサイズに自分の写真が伸ばされている、という感動。むろん、全紙に伸ばすというからには自分でも自信のある写真だったんだけど、スキャンしてインクジェットしたものと比べてもアナログプリントは「レベルが違う」。

 むろんデジタルも使い続けるが、今日はとにかく、アナログ万歳の日だった。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-31 17:15

楽しい星空撮影

c0162846_2342667.jpg

 今晩、初めて星空撮影にチャレンジしました。

 結果は「楽しい」

 しかし課題も発見。

 一番のがっかりはISO6400はやはりノイジ―、ってこと

 シャッタースピードとノイズのトレードオフではISO1600がベストだと思った次第。

 それにしても、美瑛で撮っても旭川の街の明かりが煌々と入ってくるのはびっくり。

 今度は初山別にでも行こうか。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-30 23:44

オリオン座ポートレート

c0162846_23173737.jpg

[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-30 23:17

俺の名前を言ってみろ

c0162846_23115896.jpg

 冬はオリオン座ですね。

 天体写真らしきものもデジタル一眼レフならものの数十秒で撮れます。

 タイトルは北斗の拳のワンシーンから。

 北斗七星を冬空に探し当てることができませんでした。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-30 23:12

残酷

c0162846_188171.jpg

 え~、今、2005年くらいの、インターネットの記事を眺めながらなんとも言えない気分になっております。

 「今こそ銀塩文化を死守」などという記事です。

 今、この記事を読むと、「何をむきになっているんだろう?」と感じる自分に、ちょっと驚いていると共に、人間の、「安きに流れる」性質にしばし呆然としているのであります。

 ここ数年の間に、コダクロームがなくなり、コニカがフィルムを作らなくなり、ポラロイドがいわゆる「ポラロイドフィルム」の製造をやめる、という事実。

 2005年当時なら自分は「何を言ってるんだ!フィルムがなくなったら写真はどうなるんだ」と青筋を立てて怒りまくっていたのですが、今は「デジタルってすごい!星空を4秒の露光でこれだけ鮮明に映せちゃうんだ!」という驚きのほうが勝っています。

 むろん、中判フィルムの全紙プリント依頼など、銀塩の良さも楽しもうとしてますけど。

 今は本当に、デジタルと銀塩を両方、比較的現実的な価格で楽しめるイイ時代なんでしょうね。でも利便性に夢中になって、今まで写真文化を支えてきたフィルムのことも完全に忘却するほど残酷な人間でもないと、自分では思っているのです。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-29 19:44

フルサイズ、いいです。

c0162846_17423674.jpg

 こんな写真を、忙しい朝に撮れるのも、個人的理由ですがやはり、レンズの焦点距離をそのまま使えるデジタル一眼レフが手元にあるからです。

 嬉しいな~。

 嬉しいついでに、やっとニコンからキャッシュバックの為替が来た。

 早速換金。でも行先は決定。

 キャッシング返済と、全紙モノクロプリント代金、、、、

 写真、サイコー!!
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-29 17:46

梅佳代

c0162846_1734131.jpg

 梅佳代が「情熱大陸」に出た時の映像はいまだに記憶にあり。

 キャノンEOSのフィルム一眼レフに、50mmとか35mmとかの単焦点レンズをつけていた。

 彼女の写真を見るとまさにその焦点距離だよね。望遠レンズとかじゃない。彼女の撮りたいものにそれは必要ナッシングなんでしょう。

 自分もウィークデイはD700にノクトン58mmをつけている。外勤のときは重たいけど、楽しい。

 24-70mmとかは休日にがっつり撮りたいときに迷わずつける。14-24mmもほしいな~。

 そうそう、D700買ってよかったと思ったのは、画像をPCでチェックしていたらゴミを発見。ミラーアップしてブロワーでいくら吹いてもまったくとれなかった。ごみ取り機能を数回繰り返したらきれいになったのはとっても嬉しいことだ。

 デジタル一眼レフデビューはD80で、大好きなカメラだったけど、ごみ取りがなかったのでかなりブルー入ったけどこれはうれしい!!!

 そうそう、「情熱大陸」の、金村修の回、みたいな~。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-29 17:41

私見

c0162846_332596.jpg

 D300を売ってD700を買ったことを後悔はしていない。

 本当は両方使いたかったが経済的に厳しかったことと、さすがにプロではないためデジタル一眼レフを数台持っていてもしょうがないのでこのような結果に、、、。

 しかし、なくして初めて、DXフォーマットのありがたさに気付く昨今。

 やはり18-200mmというレンズは素晴らしい。被写体を見つめるとさっと対応できる。

 写りだってそんなに悪くない。

 D700には残念ながらそんなレンズはタムロンしかない。

 これからもDXフォーマットとかフォーサースが生産されるほうがカメラマンにとってはイイと思う。実際、フルサイズから40Dに買い替える人もいるし、機材の重さはボディーブローのようにくるもんな~。

 でもD700を使ってから三脚を使うことがなくなった。、これは大きいことだけは付け加えておきたい。

 ちなみに写真は、視野率95%ゆえ、と理解ください。(フレーミングしてシャッターを押す時には完璧だった)。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-28 03:36

頑張っている

c0162846_3272345.jpg

 さて、ちょうど一年前。

 厳寒の地のマイナス20度をせっせと写真に収めておりました。

 比率としてはハッセル8割、D300で2割でした。

 しかし、いまやハッセルは死蔵状態。D700稼働100%です。ちなみにペンタックス67は漬物石。

 やはり機材は軽い方が良いし、できればフィルムチャージの手間も省きたいというのが本音。

 あ~、自分がこんな人間になるとはね。

 でもハッセルは手元に置いておこう。いつ使いたくなるやもしれないし、、、。
 
 それにしても今年はまだマイナス20度が来ない、、、。
[PR]
by hohoho-bw | 2009-01-28 03:26