誰のためでもなく

ニコンとキャノンの考え方の相違

c0162846_223433100.jpg

 でたねぇ~

 キャノンEos 7D markⅡ

 まさかだすとはね。

 でもあまり驚く進化はない。

 CFとSDのダブルスロットはいいね。

 さて、ニコン。

 D300の後継機が7Dのライバルだろうけど、はたして出るのかな?

 D750がニコンからの回答だと思うので、俺は出ないと思う。APS-Cサイズのニコンからのフラッグシップ。

 ここで両社の一眼レフラインナップに対する考え方の相違が如実に現れていると思う。

 ニコンは、もうAPS-Cの高級機種は出さないんだろうな。

でも価格としてD750の20万円はちょっと強気すぎだろ?

このマーケティングが受け入れられるのか?

ニコンのデジタル一眼レフラインナップは

D4s 60万円
D810 30万円
Df   25万円
D750 20万円
※ここまでフルサイズ フルサイズは4機種
D610 14万円
D7100 9万円強
D5300
D3300
 APS-Cは4機種

となる。

 D7100とD610の5万円の差がフルサイズとAPS-Cの分水嶺とすればそれははたして適当なのか?

キャノンは、
1DX 55万円
5D mark2 30万円
Eos 6D  16万円
※ここまでフルサイズ
7D markⅡ 20万円 
70d
eos kiss
eos kiss x7

とここで、キャノンはAPS-Cの層が厚い。

さて、奇しくも、7DとD750の値段が一緒(20万円)であり

一方はフルサイズ
一方はAPS-C

というのが非常に興味深い。

そしてなにより
キャノンはaps-cサイズの7Dがフルサイズの6Dの価格を上回っているが、ニコンのモデルはフルサイズより高価なaps-cサイズのモデルは存在しない。

この値段で、消費者がどちらを選択するのか?

バリアングルもなく、基本性能をブラッシュアップしたAPS-Cの7Dか?

ニコン初のフルサイズにバリアングル機能を搭載し、軽量化を実現したD750か?

ニコンは、もうフルサイズに傾注していくという決意表明だと受け取った。

さて、面白くなってきたぞ!!

[PR]
by hohoho-bw | 2014-09-16 22:54 | GR